データ復旧の流れと失敗しない業者チョイス【これで迷わない】

周辺機器

信頼出来るか否か

ファイルサーバをクラウド化することによっていつでもどこからでもアクセスできるようになるんです。利便性の高いストレージはこちらから。

作業員

HDD等の記憶デバイスが故障して、大切なデータが読み込めないという状態になれば、まず始めにリカバリーすることが出来るか確認するべきです。企業などで使用しているPCでは大抵の場合でバックアップ機能が搭載されていて、RAID1のミラーリング機能で別のHDDにバックアップされている事があります。こういった場合はミラーリングされたHDDに取り替えることでデータ復旧をすることが出来ます。しかしバックアップ機能が搭載されていない企業ではまずセルフリカバリーをすることは不可能でしょう。こういう時は専門の業者に依頼することが必要になってきます。データ復旧業者は全国各地に存在し数えきれない数が存在します。どのデータ復旧業者でも最低限のデータ復旧レベルを要していますが、企業のPCで使用していたHDD等をデータ復旧依頼するという場合は、まず一番に信頼できるか否かのチェックが必要になります。データ復旧をして大切な情報が流出してしまうのはコンプライアンス的にも問題があり、情報リスクを自ら高める事になります。
信頼できるデータ復旧業者を見極めるためのチェックポイントとして、Pマークの存在があります。Pマークとは個人情報を正しく扱うことが出来る企業に対し認定している制度で、Pマーク認定をするためには各企業は徹底的に情報管理をする必要があります。単純にPマークを取得しているデータ復旧業者では正しい情報管理を行なうことが期待でき、情報流出リスクを下げることが可能になります。またPマーク以外に情報セキュリティに関するISOも取得しているデータ復旧業者は更に信頼することが出来るでしょう。両方共取得している業者は実は少なく、数えられる数まで絞ることが出来ます。こういった中から選ぶことが大切になり、安易に選ぶことだけは避けるようにするべきでしょう。

会社などで使用している外付けのhddの不具合は復旧の方法を知っておくことが大切です!データ破損を防げるよう心がけましょう。

使用している容量を確認

作業員

データ復旧ではHDDをコピーするという方式を用いてデータ復旧を行う事があります。コピー先のHDDは依頼者が負担することになりHDDの容量が大きくなるとその分負担する金額も大きくなってきます。

詳しくはコチラ

USBメモリ等の依頼

PC

USBメモリを始めとするリムーバブルディスクなどもデータ復旧業者では復旧することが可能です。ただHDDのやSSDとはファイルシステムが異なることも多く、必ずしも復旧することが出来るというわけではありません。

詳しくはコチラ

料金体制のチェック

woman

データ復旧業者では完全成果報酬型と確定報酬型の2つの支払いモデルがあり、業者によってどれを採用しているか異なります。どちらも支払いモデルとしては優劣がありますが、依頼する側は完全成果報酬型の方が金銭的リスクが下がります。

詳しくはコチラ